松坂大輔が日本に戻ってきましたね。
すごいフィーバーぶりです。
戻ってきた先はソフトバンク。監督は松坂とおなじ西武でピッチャーをしていた工藤公康監督。

松坂大輔投手は肘だか肩だかを手術しているのでそこからどうやって復活していくか
結果を出していくかがカギですね。
年齢もすでに34歳。
うーん。松坂大輔投手ももうそんなとしかー。
自分も年をとるわけだな。
で、体調管理を含めた面で監督の工藤公康監督は良いお手本になりますね。
48歳まで現役を務めたのは記憶に新しいところ。
その工藤公康監督も実は20代のころは不摂生を繰り返し医者に死ぬぞって言われたほどだったそうです。
そのあと結婚し奥さんが見事サポートしてくれながら
自分でも栄養学など勉強して体調管理に気を配ったそうです。
その結果として投手としては異例の48歳まで現役を続けることが出来ました。
その工藤公康監督が現役時代から愛飲していたのが生酵素 O-MXです。
その力を工藤公康監督は身を持って感じていました。
工藤 酵素 といえばオーエムエックスです。