食品にはGI値というものがあり、低い方が痩せる効果があると言いますが、どんなものでしょう。炭水化物だと玄米、全粒粉のパンやライ麦パン、そばなどの食物繊維がたくさん入った食品は一般的に痩せるのに役立つ低GIの食品が多くなっています。痩せる食品としては、ダイエット料理をつくる時の強い味方である大豆、きのこ、海藻、インゲンながあります。カロリーも低く、GI値も低いものばかりです。反対に、白米や食パンはGI値が高いために、痩せる食品とは対極にあるものだと言われています。GI値が高いと、食べてすぐに血糖値を高くしてしまいますので、ゆっくりと食べたり、摂取量を減らすなどの工夫が必要です。果物はビタミンやミネラルを豊富に含み、ダイエットや健康維持によいと思われがちです。とはいえ、痩せることを重視するならば、GI値の高いブドウやスイカはほどほどにしましょう。同じフルーツでも、りんごやみかん、イチゴなどは低GIの食品なので、ダイエットに向いていると言えます。ダイエットに利用するなら、どの果物が痩せるのか知っておくことです。低下ロリーの食品と、高カロリーの食品は漠然と目星がついているけれど、GI値の高低に関してはさほど知識はないという人もいます。ダイエットを行う時には、食品のGI値について理解しておくことも、大事なことであるといえます。GI値の高いものを食べないようすることで、痩せる食品を摂取する頻度が上がるようになります。おすすめ 酵素ドリンク