食物を食べると、様々なアレルギー反応が起きることがあります。その症状は皮膚、目、鼻、消化器といった様々なところに現れます。

皮膚ではじんましんが起きたり、発疹ができたりします。
呼吸器官は咳、ゼイゼイといった音。
目のかゆみ、充血、目の周りの腫れ、鼻水、鼻づまり

など症状は様々です。

そしてその原因となる食材については年齢が小さいと卵、乳製品が多く、大人はそば、魚、エビといったものになってきます。

食品を買うときに、食品衛生法で最低限表示しないといけない材料が7項目あります。
卵、乳、小麦、蕎麦、ピーナッツ、エビ、カニ これらでアレルギーを引き起こす方が多いからというのも理由ではないでしょうか。

また、他にも表示することが望ましいという食品もあります。
食品を買うときには原材料の部分をしっかりみて、アレルギー体質の場合は、その食品が含まれているものを避ける様にしましょう。

さらに、今では検査によって、その食品がアレルギーが生じるかもわかります。

 

ベルタ酵素ドリンク 断食